白髪染めトリートメント

ルプルプのヘアカラートリートメント4色で白髪染め|色選び口コミ

ルプルプ ヘアカラートリートメント 4色

ルプルプのヘアカラートリートメント「ソフトブラック・モカブラウン・ダークブラウン・ブラウン」の4色で白髪染めしました。

100%白髪の人毛毛束で染まり具合・色味を比較しているので、色選びの参考になる口コミレビューページになっています。

※画像は私の作った別サイトの物を転用しています。

一番読まれている記事:【美容師が選んだ】白髪染めトリートメントおすすめ人気ランキング|口コミ比較

ルプルプのヘアカラートリートメント4色で白髪染め

ルプルプ ソフトブラック モカブラウン ダークブラウン ブラウン 1回染め ルプルプ ソフトブラック モカブラウン ダークブラウン ブラウン 2回染め

※上の画像が乾いた髪に30分置き1回染め・下の画像が同じ条件で2回染め
※左からソフトブラック・モカブラウン・ダークブラウン・ブラウン

↓最安値は1本単品でも2本定期でも公式サイト↓

ルプルプ公式ページ

ルプルプの4色で1回染め・2回染めと計8つの毛束で比較してみました。

横並びに見ると各カラーの色味の違いがわかって、上下で比較すると染めた回数による染まり具合の違いが分かりますね。

ルプルプのヘアカラートリートメントは白髪染め効果がかなり高くて、1回の毛染めでも30分と長めに置けばしっかり白髪が隠れます。

通常の使い方である「濡れた髪に10分」だと染まりが少し浅いんですが、乾いた髪に30分だとびっくりするぐらい染まりますよー。

髪を保湿して綺麗にしながらこれだけ白髪が染まれば十分ですよね。使いやすくていい商品だと思います。

ルプルプのヘアカラートリートメント最安値は公式サイト(販売店まとめ)

ルプルプ 最安値

【公式サイト】

  • 1本単品:税抜き1,980円+送料500円=1本2,480円
  • 2本定期:税抜き3,240円(送料無料)=1本1,620円
  • →2回目以降:税抜き5,400円(送料無料)=1本2,700円

※参考:Amazonは送料無料で税込み3,300円

ルプルプのヘアカラートリートメント最安値は「公式サイト」でのネット通販です。

インターネットでは楽天・Amazon・Yahooショッピングの3か所で購入できますが、どこも公式限定の「初回割引・定期便割引」がお得すぎて比較になりませんでした。

ネット通販以外の実店舗では大阪と東京の1か所ずつで販売されているようですが、売っている場所が少ないのと定価価格になるのでネット通販が最適ですね。

公式サイトで購入すると1本単品でも2,500円弱と割安ですし、定期便なら染めるときに使えるヘアキャップやコームなども貰えます。

もちろん解約や休止・お届け周期の変更は自由にできるので、お試し購入でも継続利用でもどちらも公式サイトがおすすめです。

※公式サイトでの定期購入の場合は全額返金保証がついてきます。

ルプルプ公式ページ

ルプルプのヘアカラートリートメントのよくある質問

放置時間を長くしても髪は痛まない?

少しは痛みが増えますが、もともと低刺激の髪や頭皮に優しい白髪染めトリートメントなのでそこまで心配はいらないですね。

それに染まりにくい髪質の場合は置き時間を増やさないと白髪が染まりません。

10分で2回染めるのと25分置いて1回染めるのだったら同じぐらいの染まり具合になりますが、それなら塗布量や塗る手間が少なくなる後者のほうがいいですよ。

ベージュブラウンの染めた比較画像はないの?

ルプルプ ヘアカラートリートメント カラーチャート

新色はまだ購入していないのでありません、ごめんなさい。

公式サイトをみるかぎりだとモカブラウンとかなり色味が似ていますね。

明るめの色にしたくて赤みが好きならブラウン、赤みが抑えられた色が好きならベージュブラウンがおすすめです。

乾いた髪に塗るのと濡れた髪に塗る場合の長所と短所は?

乾いた髪に塗ると水分で薄まらないので白髪染め効果が高くなります、より染まるってことですね。

ただし薬剤の伸びが悪くなるので「使う量が増える・塗りにくくなる」のデメリットがあります。

濡れた髪に塗ると逆に水で薄まって伸びもよくなるので「使う量が少なくてすむ・塗りやすい」のメリットがあります。

また、髪は濡れるとキューティクルが開くので、美容成分が髪の内部まで浸透しやすくなるメリットもありますね。

どちらも一長一短なので、基本的に染まりやすい髪質なら濡れた髪に塗って、もし染まりが悪かったら乾いた髪に塗ってみましょう。

昆布の潤い成分が入ってるし利尻ヘアカラートリートメントと似てる?

色味も成分も結構似てると思います。

それにどちらも昔から販売されて人気のあるロングセラー商品なので、お互いにライバル的存在でもあるんじゃないでしょうか。

個人的には「利尻は1つ1つの色の差が大きくて分かりやすい色に染まる」と思っています。

ルプルプはブラウン系の微妙な色の違いを売りにしていて、利尻のほうが若干よく染まるかなという感じですね。

利尻ヘアカラートリートメント 全色 1回染め
【色選び】利尻ヘアカラートリートメントのブラウン3種類で染めてみた!利尻ヘアカラートリートメントのブラウン3種類+ブラックを白髪の人毛毛束に染めて比較しました! 私たちの頭髪に使用したときと同じ状態...

2017年にリニューアルしてから結構経ってるけどもう時代遅れ?

時代遅れというほどではありませんが、2018年から発売されているマイナチュレのカラートリートメントほうが新しいですね。

薄毛ケアや頭皮ケアの成分も入っていて、ルプルプよりアルカリ性じゃないので髪への負担も少ないです。

ただマイナチュレは2色展開です、好みの色があれば検討してみてはいかがでしょうか。

マイナチュレカラートリートメント ブラウン ダークブラウン 商品
マイナチュレカラートリートメントのブラウン2色で色選び|口コミ評判マイナチュレカラートリートメントのブラウンとダークブラウンで毛染め実験しました! ブラウン2色を人毛白髪に染めてみたので、色選びの...

ルプルプのヘアカラートリートメントの色選び口コミまとめ

ルプルプ ヘアカラートリートメント 4色

ルプルプのヘアカラートリートメントで白髪染めした毛束で色選びしてきました。

ルプルプはどのカラーで染めてもよく染まる反面、各色の違いがあまりなくてどれも似たような「暗めのブラウン」に染まります。

ソフトブラックは黒でブラウンは赤みのある茶色で、他の3色が特に似た仕上がりになりますね。

落ち着きのある色に染めたい方にはピッタリなので、白髪を目立たないように染めて髪全体を綺麗にしたい方はぜひ試してみてください。

なお、ルプルプよりも刺激の少ない白髪染めトリートメントは「利尻ヘアカラートリートメント」「マイナチュレカラートリートメント」の2つがあります。

ルプルプは染まりをよくするために少しアルカリ性にしてあるので、敏感肌や肌荒れを心配する方は上記の2つも検討してみるといいんじゃないでしょうか。

↓最安値は1本単品でも2本定期でも公式サイト↓

ルプルプ公式ページ